高麗人参茶の作り方・飲み方と効能

実際に高麗人参を摂取する仕方として「高麗人参茶の作り方・飲み方と効能」を詳細に案内します。

高麗人参茶の作り方・飲み方と効能

高麗人参をご存知ですか?高麗人参と言うと、日本では乾燥した高麗人参を煎じてそのまま飲まれています。しかし韓国では、煎じたものを『高麗人参茶(インサムチャ)』として飲まれているのです。

韓国では、『高麗人参茶(インサムチャ)』は、多くの家庭で健康茶として親しまれています。これは、乾燥した高麗人参の根っこの部分を煎じた韓国の伝統的なお茶です。嗜好品としてのお茶の1つというだけでなく、高麗人参茶の効能である血行改善、貧血予防、免疫力強化、美肌効果が見込まれ、糖尿病やがん予防などにも期待されています。

日本でも古くから知られる高麗人参茶ですが、最近の健康ブームでこの多くの効能が知られて高麗人参茶が人気上昇中です。手軽に薬局や通販で購入できますが、家庭で自作する方も増えてきています。

作り方を教えます。

1.まず乾燥した高麗人参を用意しましょう。

2.鍋に600〜700mlの水を入れ、高麗人参10〜15gを入れます。

3.鍋にフタをして中火にかけます。沸騰後は弱火で40〜50分間位煮詰めます。

4.水が半分程度になったら出来上がりです。

5.熱いうちに茶こしやガーゼでこして、高麗人参茶の完成です。

飲み方について

高麗人参茶は健康茶です。嗜好品としていつ飲んでも良いのですが、より効果を高めるためには、漢方と同様に食前、食間の空腹時に飲むのが効果的です。一般的には1日3回1杯ずつを目安に、体調によって調節しながら続けてみましょう。

高麗人参には独特の風味があります。この風味が苦手な方でも、飲み方を工夫することでとても飲みやすくなります。例えば、高麗人参茶に、ハチミツやレモンを入れて甘みやさっぱり感を加えたり、他のお好きなお茶などとブレンドしても良いです。同じお茶同士、相性も良く、苦味や風味が緩和されるので飲みやすくなりますよ。

煮出すだけで簡単にできる高麗人参茶ですが、粉末タイプも売られています。これは、お湯に混ぜるだけなのでさらに簡単です。ティーバッグタイプは片付けも簡単ですから、面倒な方にはこちらもお勧めです。


>> 人気ランキングをすべて見る