ストレスを解消させるはたらき

初めて高麗人参サプリのご購入を検討している方向けに「ストレスを解消させるはたらき」をテーマに案内します。

ストレスを解消させるはたらき

<高麗人参はストレスに効く>
高麗人参には、精神のバランスを保ち、心を穏やかにする作用があります。具体的には、以下の作用があります。

・抗不安作用
・攻撃性(イライラ)の鎮静作用
・脳のエネルギーを調節する作用
・脳細胞や神経細胞を守る作用
・身体のストレス反応を抑制する作用

「抗不安作用」とは、不安やゆううつ感など、下がり気味の精神を活性化する作用です。「攻撃性の鎮静作用」とは、イライラなど、興奮気味の精神を鎮めて穏やかにする作用です。

高麗人参の有効成分サポニンには、興奮作用があるもの、鎮静作用があるものがそれぞれ複数種類含まれています。興奮と鎮静とは相反する作用ではありますが、互いが効果を消し合うことなく、適切なところに作用して、全体のエネルギーを調節する効果が生まれます。

さらに、ストレスから脳細胞・神経細胞を守るはたらきがあることからも、脳内のバランスが崩れる各種の症状に効果があると言われています。
例:うつ、情緒不安定、睡眠障害、更年期障害の精神症状、物忘れ、認知症など

ストレスに起因する身体症状にも効く

高麗人参には、身体のストレス反応を抑制する作用があります。そのため、ストレスに起因するさまざまな身体症状を予防・緩和する効果があります。

ストレスを受けると、脳内にはストレスホルモン「コルチゾール」が発生します。コルチゾールによって、体内の自律神経系や内分泌系(ホルモンバランス)、免疫系が乱され、その結果さまざまな身体症状を引き起こします。

・自律神経系の乱れ→体温調節機能低下、循環器障害、消化器障害、生活習慣病など
・ホルモン系の乱れ→甲状腺機能障害、性機能障害、血液疾患、生活習慣病など
・免疫系の乱れ  →感染症にかかりやすくなる、アレルギー症状など

ストレスが原因で胃潰瘍になったり、風邪をひきやすくなったり、心臓病や脳卒中などの生活習慣病になったり…というのはよく聞く話ですが、こうしたメカニズムに基づいています。高麗人参には、ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌を抑制するはたらきがあります。そのため、ストレスを受けても強い身体をつくることができるのです。

心身を同時にケアできる

高麗人参のメリットのひとつに、心と身体を両方から総合的に治してゆけるということがあります。これは東洋医学に見られる考え方で、西洋医学が身体と精神とを別に治療するのとは対照的です。

東洋医学の中で、高麗人参は今も昔ももっとも重宝される生薬の一つです。例として、身体と精神のさまざまな症状が一緒に表出する更年期障害には、高麗人参をはじめとする漢方治療が多く取り入れられています。

ほかにも、自律神経失調症のように、何となく調子が悪いのにつかみどころのないような不定愁訴症状の改善にも、高麗人参が役立てられています。

健康維持や病気予防の目的
この高麗人参、もともと医療に活用されてきました。滋養強壮の効果があることが有名


>> 人気ランキングをすべて見る