高麗人参の含有成分

初めて高麗人参サプリのご購入を検討している方向けに「含まれる成分」をテーマに案内します。

高麗人参に含まれる成分を学ぼう

薬草として様々な効能を発揮する高麗人参。その多様な効果の秘密は、高麗人参が様々な有効成分を含んでいることにあります。高麗人参には、サポニン、含窒素化合物、脂質性成分、ビタミン、炭水化物という5群の有機物が含まれており、それぞれに含有率は異なります。

これらの成分を、さらに詳しく見てみましょう。まずは5群の有機物の内訳です。

・サポニン
プロトパナキシジオール系サポニン、プロトパナキシトリオール系サポニン、オレアノリック酸系サポニン

・含窒素化合物
たんぱく質、アミノ酸、ペプチド、核酸

・脂質性成分
脂質、脂質酸、製油、植物コレステロール、有機酸、フェノール化合物、ポリアセチレン類、テルペノイド

・炭水化物
多糖類、三糖類、二糖類、単糖類、粗繊維、ペクチン

・ビタミン
水溶性ビタミン

また、高麗人参には以下の無機物も含まれています。

・灰分
・水分

これらの成分のうち、炭水化物が60%から70%もの高い含有率を誇っています。つづいて含窒素化合物が12%から16%、水分が9%から11%、灰分が4%程度となっています。高麗人参の有効成分サポニンは、含有率としては3%から6%ほどにとどまります。

《有効成分のサポニン》
高麗人参の代表的な有効成分であるサポニンは、とても効果の高い有機物質として知られています。その効能は、糖尿病や動脈硬化、滋養強壮などに対して特に有効です。漢方および生薬の分野では、サポニンに注目し、それを多く含んだ根の部分を乾燥させ、貴重な薬として利用してきました。

サポニンには血圧を高める働きがあるため、研究により、低血圧の治療に効果があることがわかっています。また、自律神経の乱れを正し、血流を整えるなど、様々な効果をもたらしてくれます。

《体内の免疫機能を高めるアルカロイド》
炭水化物の次に多く含まれる含窒素化合物は、いわゆる「アルカロイド」で、体内の免疫細胞「マクロファージ」と「Bリンパ球」の機能を高めてくれます。

人体の免疫システムに欠かせないマクロファージは、アメーバのような姿をした細胞で、体内に入りこんだ細菌およびウイルスや、死滅した細胞などを食べて消化し、体の健康を守ります。

Bリンパ球も免疫システム上で重要な役割をにないます。免疫応答に関連するリンパ球として抗体の生成をおこない、細菌およびウイルスから病気の感染をブロックする機能を果たしています。

高麗人参は、これらの免疫細胞を強化します。それにより、ガンや肝障害、アトピー、糖尿病、後天性免疫不全症候群などの様々な疾患から、体を強力に守ってくれる効果があると考えられているのです。


>> 人気ランキングをすべて見る