高麗人参の伝統と歴史について

初めて高麗人参サプリのご購入を検討している方向けに「高麗人参の歴史を振り返ってみよう」をテーマに案内します。

高麗人参が辿ってきた歴史

日本でも広く知られる高麗人参ですが、もとは中国の遼東から朝鮮半島が原産地です。その形はとても特徴があり、根の部分が枝分かれして人の姿を連想させるところから、「人参」と呼ばれるようになったということです。人参は、伝統的な薬草として珍重され、その後は、「高麗人参」、「朝鮮人参」、「オタネニンジン」などと名付けられ、広く普及しました。

万里の長城の建設で知られる、秦の始皇帝が愛飲していたことでも知られており、その漢方薬としての薬効の高さは、中国の長い歴史の中で大変重宝されてきました。

高麗人参の効能は、東洋医学でも取り入れられ、今では中国や朝鮮半島だけでなく、日本人の間でも貴重な漢方薬としてよく知られています。

8世紀頃に日本へ伝わる

日本における高麗人参の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。古い文献に、739年(天平11年)に渤海の文王が聖武天皇に高麗人参30斤を贈ったということが記録されています。

高麗人参の薬効の高さは、江戸の人々の間でまたたく間に広がりました。朝鮮半島から継続的に入ってくる高麗人参に需要は急増、1985年(貞享2年)になると、幕府によって朝鮮人参座が作られ、貴重な高麗人参は高値で取引されるようになったのです。

その後、1729年(享保14年)には、日本国内で初めて高麗人参の栽培に成功しました。

高麗人参の成分に関する研究

1960年前後には、高麗人参の成分についての科学的研究が始まりました。古くから薬効の高さは知られていましたが、その成分については不明でした。研究の結果、高麗人参には有効成分のサポニンが注目されています。研究に関しても、赤外線スペクトル、質量分析、X線解析、ガスクロマトフィーなどの技術開発で、今では、高麗人参は科学、薬学、医学の分野でも注目され、詳細に研究されています。

有効成分サポニンは、それらの研究、臨床試験などで、効能について多くの実績データが出ています。現在も高麗人参の研究は続けられており、近年ではサポニン以外にも微量な新規成分が検出されるなど、新たな発見も多くでてきています。


>> 人気ランキングをすべて見る