摂取する際の注意点

初めて高麗人参サプリのご購入を検討している方向けに「摂取する際の注意点」をテーマに案内します。

摂取する際の注意点

<高麗人参の注意点とは>
高麗人参は安全な天然成分ですが、摂取する際には注意が必要です。食品という扱いとはいえ、何らかの薬理作用がある限り、誰にでも安心というわけではありません。摂取が禁忌にあたる人、注意すべき人は以下のとおりです。

○持病のある方、何らかの治療を受けている方
持病に影響する可能性があります。
とくに、心臓疾患や出血性の病気などには禁忌となります。
(血行促進など、身体組織を活性化させる効能がかえって病気の負担になります)
また、処方薬との相互作用の危険性があります。
(薬物相互作用:薬どうしが血液中で影響し合い、互いの効果を弱めたり強めたりした結果、副作用を生むこと)

○妊娠中/授乳中の方
禁忌とはされていませんが、身体が過敏な時期なので注意が必要です。
高麗人参の滋養が妊娠・授乳中に適しているという声もありますが、念のため医師に相談してください。
もし摂取される場合は、できるかぎり信頼ある会社の製品で、なおかつ妊娠・授乳中の用量や注意点についてしっかりと明記されている製品を選びましょう。

○乳幼児
成分が強すぎるため、乳幼児には禁忌です。

○子ども
乳幼児と同じく、成分が強すぎるため基本的に子どもには与えないようにします。ものによっては「少量にかぎり摂ってよい」とする製品もありますが、効果が強すぎて副作用が出る場合もあるので、細心の注意が必要です。

アレルギーや薬害について知っておこう

高麗人参は天然成分なので、化学的に合成された医薬品のような強い副作用、薬害はありません。

しかし、漢方薬としても用いられている立派な薬用成分です。何らかの薬理作用があるかぎりは、副作用のおそれはあります。

まず、健康な方でも体質によっては合わないことがあります。アレルギーにあたる方もいます。そしてどなたにも当てはまりますが、摂りすぎると健康を害することがあります。

効果が強く出すぎた場合の副作用として、過剰な興奮・下痢・発疹・不眠・高血圧などが報告されています。健康食品とはいえ、薬効成分が入っている以上、しっかり用量を守って正しく飲むことを心がけてください。

健康維持や病気予防の目的
この高麗人参、もともと医療に活用されてきました。滋養強壮の効果があることが有名


>> 人気ランキングをすべて見る