栽培方法やよく育つ土壌とは

もっと高麗人参の知識を深めたい方向けに育て方や栽培に関するテーマとして「高麗人参の栽培には、水はけや土作りが重要」について案内。

高麗人参の栽培に必要なのは水はけや土作り

高麗人参の主な原産国は、中国や朝鮮半島ですが、その他の国々でも栽培されています。日本やアメリカ、カナダやロシアといった国々でも、中国や朝鮮半島と風土が似ている土地なら、栽培は可能なのです。中国や朝鮮半島に代表される、高麗人参の栽培に適した風土というのは、「非燥・非陰・非陽」といわれています。つまり、乾燥せず、寒すぎず、暑すぎない土地ということです。

高麗人参の薬用部位は、主に根ですが、「非燥」は、高麗人参の根の形成に大きく影響する重要なポイントです。高麗人参の栽培には、干ばつ時でも、必要最低限の水分を保つことができて、しかも、梅雨時には、水はけが良い土地であることが望まれます。高麗人参の栽培に適した土壌の水分量は、年間で平均50〜60%とされており、これより多すぎても少なすぎてもうまく育ちません。

高麗人参の栽培には、水はけだけではなく、土も重要です。

なぜなら、高麗人参は、アルカリ性の土では育たないからです。アルカリ性の土の場合は、酸性の土で中和してやらなければなりません。また、できるだけ無農薬で有機栽培をします。化学肥料は、根腐れの原因になるためです。以前に化学肥料を多く使っていた土地での栽培も避けた方が良いでしょう。


>> 人気ランキングをすべて見る