高級な高麗人参の名産地である開城市

もっと高麗人参についての知識を深めたい方向けに育て方や栽培に関するテーマとして「質の良い開城市の高麗人参」についてお話しします。

開城市の高麗人参は高品質

北朝鮮南部にある開城(ケソン)市は、高麗人参の原産地としてよく知られている都市です。古くは、高麗の王都として繁栄していました。開城市が、高麗人参の原産地として有名なのは、世界各国の高麗人参の原産地の中でも、質の良い高麗人参が採れる名産地であるためです。

かつて松商は、高麗人参の栽培と、外交貿易の主導権を握ることで活躍し、多大な富を得たといわれています。

現在の北朝鮮においても、高麗人参酒は、貴重な輸出品となっています。その高麗人参酒には、開城市で栽培された高麗人参が使われています。

開城市の高麗人参の優れている点は、根の形状にあります。胴が短くて、脚が太い開城市の高麗人参は、女性に例えられるほど美しい形をしています。このため、開城市の高麗人参は、価値が高いのです。

高麗人参は、伝統的な農産物として、歴史あるものです。朝鮮王朝時代には、開城地域の農家たちは、高麗人参を王に献上していました。それぞれが、自分の地域で栽培した高麗人参の質の良さに自信を持っていました。

現在でも、開城市で栽培された高麗人参は名産品として名高く、原材料が開城市の高麗人参であることは、商品の売り文句となっています。


>> 人気ランキングをすべて見る