高麗人参と日本で栽培する方法とは

もっと高麗人参についての知識を深めたい方向けに育て方や栽培に関するテーマとして「日本で高麗人参はどうやって栽培している?」について案内。

日本で高麗人参はどのように栽培するのか?

高麗人参の一大産地というと韓国や中国が思い浮かぶかもしれませんが、実際には日本でも江戸時代から栽培されています。特に、福島県の会津地方や長野県東信地方、島根県松江市大根島といった地域では、町の特産品として高麗人参が栽培されています。高麗人参は、他の作物と違い、土地の栄養分を吸い尽くすようにして育ちます。そのため収穫できる回数にも限りがありました。

ただし最近では土壌を改良することにより、以前と比べてより短い期間に作付けができるようになっています。それでも一度作付けをすると、再び作付けができるまで十数年の期間を有することになります。高麗人参は希少価値も高く、高額な値段で販売されていますが、それには収穫率の低さも関係しているのです。

栽培する方法

高麗人参は収穫までに平均で5〜9年もの期間がかかります。そこで、今回は収穫までの流れについて説明してみたいと思います。

1. 土作り
高麗人参を育てるためには、肥料からこだわる必要があります。

一般的に使用されている化学肥料を使用すると、濃度障害をおこしうまく育たなくなってしまうため、トウモロコシやソルガムを肥料の原料として使用していきます。

このように有機物だけで肥料を作っていかなければならないため、土作りだけで1〜3年もの期間を有します。

2. 種まき
高麗人参を育てるとき、直射日光は厳禁になります。栽培は直射日光を遮る小屋の中で行われることになります。ただし、全く日の光が入らないと成長が滞ってしまうため、朝日が入るように工夫しなければなりません。

種まきをしてから4年ほどで花が咲き、7〜8月になると赤い実をつけるようになります。

3. 収穫
高麗人参には葉柄というものがあり、この葉柄を見れば栽培年数がわかるようになっています。通常1年ごとに一本ずつ葉柄が増えていきます。

高麗人参は、栽培から4〜6年後に収穫の時期を迎えます。ただ、土の状態が悪いと根腐れを起こしてしまったり、水害や台風によっても被害を受けやすくなりますし、害虫に食われてしまって、育たないということもあります。

質の良い高麗人参を育てるためには時間と手間がかかるのです。

4. 土を寝かせる
高麗人参を収穫した後にも作業は続きます。まず、連作障害を防止し、栄養豊富な高麗人参を作るために、10年程農地を寝かせる必要があるのです。

この期間は手を加えず、自然に任せる形で栄養豊富な土に戻していくのです。高麗人参は栽培だけに時間がかかるだけではなく、この土の調整にも20年という長い時間をかける必要があるのです。


>> 人気ランキングをすべて見る